mineoの月額と解約について!料金プランの特徴や評判

ケイ・オプティコムの格安SIMの月額と解約

mineoの料金について、また通信スピードについて説明したいと思います。今、ご利用中のスマホの料金と比べて、いくら携帯代が安く出来るか、比較しながら読んでいただきたいです。早速、mineoの料金プランを見ていきましょう。

mineoの料金

mineoの月額プランは、データ通信用SIMと音声通話もできるSIMの二種類があります。070/080/090番号を利用したい方は、音声通話が可能なSIMを選択する必要があるため、従来のスマホと同じ使い方をしたいのであれば、音声通話もできるSIMを利用しないといけませんので気をつけてくださいね。音声通話SIMの月額プランは、Aプラン(AU回線)が500MB:1,310円、1GB:1,410円、3GB:1,510円、5GB:2,190円、10GB:3,130円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MB:1,400円、1GB:1,500円、3GB:1,600円、5GB:2,280円、10GB:3,220円となっています。

データSIMの料金は、Aプラン(AU回線)が500MBで700円、1GBで800円、3GBで900円、5GBで1,580円、10GBで2,520円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MBで700円、1GBで800円、3GBで900円、5GBで1,580円、10GBで2,520円となっています。

解約手数料

mineoの解約制限と解約違約金に関して、ご紹介していきます。mineoのメリットとしてあげられるのが、解約金のようなものはかかりません。契約期間や違約金のことを考えずに格安スマホを試すことができるので、色々と試す事ができるので、MVNOにおいては強力な特色といえるでしょう。ただ12ヵ月以内にMNP転出をする場合は、MNP転出手数料として12,420円を支払う必要があります。通話もいっしょにとお考えの方は、この点をよく認識して下さい。

通信速度に関して

mineoのデータ通信の速度について、調べてみました。ドコモ回線を利用するプランでは225MbpsのLTE回線ですし、AU回線プランでも、最大で225Mbpsもの速度が出ます。あらゆる通信媒体でも紹介されているように、混雑する時間帯においては、キャリア契約の回線のような高速通信は出来ません。キャリア契約の回線のような高速通信が必要な場合は、キャリア回線を契約することをお勧めします。キャリアと同様の回線を利用するのに、月額料金が安いことが魅力ですから、格安スマホというのはとてもリーズナブルな設定になっているので安く抑えたい人にはぴったりです。

mineo AU回線プランでの3日制限

mineoでは、契約している全ての方々が快適な通信が利用できるよう、データ通信を多く利用した契約者には、速度制限が課せられます。利用日の直前3日間のデータ通信の使用量を合計し、規定容量を超過したユーザーに対して、決められた速度制限が課せられるのです。直近3日制限は、データ通信の使用量が規定の容量を下回れば、自動的に制限が解除されます。相当なヘビーユーザーでない限り、通常の使い方をしていれば通信速度制限をされることは殆どありません。契約プランごとの規定容量は設定されておらず、Aプランは、全プラン共通で3GB/3日が規定値になっています。

mineo docomo回線プランの通信制限

mineoでdocomo回線を利用したプランは、直近3日間のデータ使用量が一定量を超えると、速度が遅くなる制限がありません。その日によってデータの使用量が大きく異なる方は、A(AU)回線プランではなく、D(docomo)回線プランを選ぶほうが、3日制限を気にせず使用できるでしょう。プランを選ぶ際のポイントの一つとして覚えておいていただければと思います。

mineoスマホのチェックポイント

mineoはMVNOの一つで、格安SIM・格安スマホを取り扱っています。docomoやAUなどから「mineo(マイネオ)」に乗り換えると、月額料金を大幅に削減する事も可能になる格安スマホサービスです。デュアルタイプ(データ通信+音声通話)の月額基本料金は1,310円からと料金の安さが話題となっています。mineoは日本ではじめてのマルチキャリアMVNOとして、ドコモ回線のDプラン、au回線のAプランがあるMVNOです。電波や通話の品質もdocomo、auとそれほど変わらないのであまり気になりません。まだ、MVNO?格安スマホ?という方もいると思いますので、mineo人気の秘訣をまとめてみました。節約出来た携帯代で何を買おうかしら…。笑

docomoとdocomo・AU同エリアのMVNO

mineoはdocomoとAUの回線をどちらも併用して、格安スマホのサービスを行っています。通話の質もドコモやauと同じレベルですし、電波のカバー範囲もdocomo、AUと全く同じになります。スマホがAUもしくはdocomoであれば、継続して使えるケースが多いので、新しい機種を購入する必要はありません。高額な新機種のスマホを買わなくていいので、節約することができますね。当たり前の事ですが、mineo内で用意している格安スマホも購入してサービスを利用出来ます。ハイクオリティの回線をお得に使えますし、回線プランをdocomoかAUのうち、都合の良い方を選択してサービスを利用する事が出来ます。月々の料金は回線プランによって少しだけ価格差があるので、自分に合った回線を価格面からも考えるといいでしょう。

高品質通話VoLTE対応!

VoLTEに対応するプランをかなり早い段階で用意したのが、mineoです。VoLTEとは何かと言うと、今までの通話音質よりも、さらに良くなった、新しい通話のシステムの名前です。300Hz〜3.4kHzまでの周波数の音しか拾うことが出来なかったこれまでの方式とは違います。しかし今回のVoLTEにおいては拾える音が広がり、50Hz〜7kHzまでの音を拾うことができるようになりました。つまり、この広帯域のカバーにより「聞き取りやすい」高品質な通話環境を実現しているのです。VoLTEに対応したことにより、mineoの魅力が更にアップしました。

データ繰り越しに対応している

mineoの特徴として、それに加えて使い切れなかった分のデータ量については、次の月へと繰り越せるようになっているため、月毎によってデータ量の使用が変わっても、不安にならず使用できるのも嬉しいですね。

mineoスイッチを駆使して、通信量を抑える!

mineoではmineoスイッチと呼ばれるものがあり、これは回線を高速(最大150Mbps)と低速(最大200Kbps)を自由に切り替えて使うことができる機能です。データ容量を無駄使いしたくない人にはかなり重宝する、便利な機能です。mineoのスイッチととWi-Fiを上手に使い分けることで、さらにお安いプランで済ますことも出来るでしょう。携帯代節約に大きく味方してくれることでしょう。

マイネオのキャンペーン